いったいどんなサプリメントでお酒によって肝臓にかかる負荷をへらすことができるのでしょうか。効果的に肝臓の力を高め、肝臓の炎症を抑制する成分としてウコンは一般的にも有名です。お酒を飲む人の多くが、ウコンのサプリメントを摂取するのは、アルコールを分解するために肝臓に負担がかかるのを軽減するためだといいます。

中国からインドにかけて多くの場所で作られているウコンは、大昔から活用されてきた健康食品でショウガ科の植物だそうです。他の利用法としては、料理の香辛料やたくわんの黄色の色付けがあります。ウコンのサプリメントをお酒の二日酔い防止に利用する場合には、お酒を飲む前や飲んだ後に飲んでも有効なので、毎日摂取しなくても良いといいます。

実際に錠剤や粉末型のウコンサプリメントを使用するのであれば、摂取のタイミングの目安はお酒を飲む1時間ぐらい前です。価格が安いのが魅力なのは錠剤で、さまざまな摂取の仕方があるのが粉末型の良いところです。すぐに効果が得られるかどうかという部分では、ドリンク型やカプセル型のほうが良いといえるでしょう。

お酒を飲む10〜15分前に飲むと良いのが、カプセル型やドリンク型のウコンサプリメントです。多少価格が高いというメリットがありますが、ドリンク型は吸収率がよく、即効性に優れているといわれています。さらにウコンのサプリメントをお酒の後に飲んでも良いのですが、摂り過ぎると肝臓にかえって良くないことがあるので気を付けましょう。